SEO対策・サイト高速化対応

Google検索上位を狙うSEO対策には、サイト高速化が欠かせません

日々変化し続けるSEO対策ですが、現在最も重視されていると言われているのがサイトのページ読み込み速度です。サイトの速度はユーザー体験にも直結しており、スピードが遅いことで直帰率が高まるという調査結果もあります。

SEO対策・サイト高速化でお困りの企業担当者様

  • コンテンツを改善しても検索順位が上がらない
  • PCに対して、スマートフォンの検索順位が極端に低い
  • Google Search Console上でページ速度に関する警告が表示されている
  • 読み込み速度が遅く、直帰率が高い
  • ページがなかなか読み込まれず、コンバージョン率を低下させている

ちょっと株式会社では、検索上位・UX向上を目的としたサイト高速化対策を、インフラ・フロントエンド開発・デザインなど、横断的に提案いたします。

お客様のニーズに合わせて高速化対応のサーバーをご用意します

現在提供されているサービスは、最適なスペックのサーバーが使われていますか?Webサイトは更新をしてコンテンツが増えたり、人気が出てユーザーが増えるにつれて、それに耐えうるサーバー構成を用意する必要があります。弊社ではお客様の状況に合わせて、高速化対応した最適なサーバーをご用意します。

ブラウザ側での読み込み速度のボトルネックを解決します

CSS・JavaScriptの一括・遅延読み込みや、次世代画像フォーマットによる画像配信、画像の遅延読み込み、サイトのgzip圧縮など、表示スピードをアップする手段は様々です。そのサイトにとって最適な手段を提案・実装し、サイトスピードの改善を行います。

デザイン改善によるサイト高速化を提案します

現状のデザインに無駄なリソースが使われている場合、デザインを変更することでサイト速度の改善を測ることができます。また一部がスマートフォンに対応していないサイトなどは、レスポンシブデザイン対応を行うことで、UI改善・高速化が見込めます。

ご依頼〜リリースまで

  • ヒアリングを行います
  • ヒアリングにもとづいて、企画と概算費用をご提案します
  • 高速化対応のサーバーを構築します
  • サーバー移転を行います
  • デザイン・フロントエンド開発による改善を行います
  • サイトをリリースし、Page Speed Insightによってサイト速度の効果測定を行います