chot Inc.

ちょっと株式会社 社員ブログ
Blog
  • ホーム
  • ブログ
  • ランチャーツール Raycastが便利すぎる

ランチャーツール Raycastが便利すぎる

ナレッジ・ノウハウ
ランチャーツール Raycastが便利すぎる

SHARE

こんにちわ!フロントエンドエンジニアのしまむーです!
皆さんはMacのSpotlightは使っていますか?Spotlightはアプリケーションの名前やフォルダの名称を探してくれるだけで探してくれるMacの標準機能です。
これだけでも便利なのですが、Macのサードパーティ製のツールの中にはさらに便利なランチャーアプリが存在します。
有名な物ですとAlfredですが、今回は比較的新しい登場したRaycastについてご紹介したいと思います。

Raycastについて

RaycastはSpotlightに機能を追加したようなランチャーアプリになります。
たとえばですがアプリを立ち上げたり、windowのサイズや配置を整えたり、アプリを立ち上げずGoogle Calendarのスケジュールを確認したり登録したり、Google Driveの中にあるスプレッドシートを開いたりなど、さまざまなことをRaycastで行うことができます。

特徴

上記で述べているような機能はAlfredなどの他のランチャーアプリでも使えるものも多いのですが、Raycastの秀でている点は下記ような点になります。

  • 動作がとにかく早い
  • UIデザインがモダンで視認性が高い
  • 拡張なしのデフォルトの状態でも一通りの欲しい機能が揃っている
  • もしも拡張したい機能があっても拡張機能を共有可能なStoreが公式で用意されており、欲しかった機能がStoreにあればすぐに導入できる


そして何より個人で使う分には全ての機能が無料で使える(2022/3/14現在)という点が魅力的です。

機能の拡張

もしも使用していてRaycastの機能に物足りなさを感じてきたらStoreを確認してみてください、様々なユーザーの作成したextensionがアップロードされています。
ちなみに自分の場合は以下のようなGoogle WorkspaceとSlack StatusのExtensionをインストールしています。
Google Workspace
Slack Status

概ねの機能は上記のStoreで探せるとは思いますが、自身で拡張したいという場合ももちろんあると思います、その場合RaycastではReact + TypeScriptにて拡張機能の開発が可能になっています。開発を行いたい場合はRaycastの用意してくれているドキュメントを元に開発をしてみてください。
https://developers.raycast.com/

最後に

いかがでしたでしょうか、今回は最近自身の環境に導入していて気に入っているRaycastについてご紹介してみました。実はRaycastについてStoreとデフォルトで用意されている機能で特に不満がないせいもあって自身でExtensionの開発をやっていないので今度は自身でもExtensionの開発に挑戦してStoreで公開してみたいなと思っています。
みなさんも気になったら是非Raycastをインストールして使ってみてください!


しまむー

フロントエンドエンジニア

静岡県からリモートで勤務しています。 ちょっと株式会社ではフロントエンドを主に担当していてReact, Gatsby等の周辺技術に触れています。 HTML, CSSのコーディングからキャリアをスタートし、EC-cubeやWordpressのカスタマイズ、プラグインの制作・改修なども担当していました。 ネットでは主に「かこなーる」という名義で活動しています。

関連記事

Copyright © 2022, chot inc.